石垣島の日常生活

数ある離島のなかでも石垣島は、特に辺境というイメージがあるかもしれませんが、実際、石垣島での生活は本土とほとんど変わらないといえるでしょう。

食品は、本土から運んでくるものは多少高めなのは、しかたないともいえます。しかし海産物は石垣島近海で新鮮なものがとれますから、値段も安く新鮮です。実際、サンゴ礁の魚など、ちょっとびっくりしてしまうほど色鮮やかな魚がスーパーに並んでいます。

これらは石垣島ならではの食材といえるでしょう。
石垣島に行ったら、是非、地元のスーパーを覗いてみるのも楽しいかもしれません。

初夏から晩夏にかけては、カツオやマグロがとれます。そのため安価で新鮮なものが店頭に並び、食欲をそそります。

種類も豊富で、新鮮、しかも比較的安価な魚介に比べ、野菜は少々高めです。

特に、台風のあとにはかなりの値上がりが予想されます。島野菜を家庭菜園などで作っている農家もあり、郊外の青空市などで売られていることもあるようです。

また、生活雑貨は別として、そのほかではやはり手に入りにくいものもありますが、最近ではネットや通販が盛んですからさほど本土と違いはありません。とはいえ、配達料が割高になってしまうのが悩みの種です。

ただし、石垣島の場合、衣類の大半は夏物です。年間を通して4月から11月まで半そででいいのです。この間は、さほどおしゃれに気を使う必要がないという人もいます。

一方、冬になるとおしゃれへの関心が高まるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999103