マンタ

マンタが見られる海として、石垣島の海は有名です。

マンタと呼ばれることが多いですが、正式には「オニイトマキエイ」といいます。

英語名は、「マンタ・レイ」です。トビエイ目トビエイ科に属し、世界最大のエイといわれます。

大きいものとなると体の横幅が8メートルにもなり、体重は3トンに達するといいますから、このマンタが、海のなかをゆうゆうと泳いでいく姿を見ることはさぞかし感動的な情景であることでしょう。

マンタは、熱帯の海のごく表層を遊泳します。泳ぎながらプランクトンを食べているといわれますが、実際、マンタの詳しい生態についてはよくわかっていません。また、ダイビングのほかにも、いくつかの水族館ではマンタを見ることができる場所もあります。

マンタは、世界中の熱帯・亜熱帯海域に生息します。とくにサンゴ礁周辺でよく見かけます。

普段は外洋の表層を遊泳しているようですが、沿岸域でも姿をみかけることがあります。

日本近海では、石垣島の周辺海域が、マンタをみるための絶好のスポットです。

巨大な体躯のマンタは、魚類の中でも最大級の大きさといわれます。オニイトマキエイの大きさは、胸鰭の横幅、つまり体盤幅で表すのが一般的です。

頭から尾の先というのではないようです。平均的な個体では3メートルから5メートルといわれます。

マンタはダイバーたちの人気者です。おとなしい性格で好奇心が旺盛です。
人なつこいのです。

生息密度が高い場所もあり、さほどダイビングの経験がない人でも、大きなマンタと海中遊泳を楽しむことも夢ではないのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999106