オヤケアカハチの碑

サンゴ礁が見事な海が素晴らしい石垣島。また、唐人墓など、興味深い史跡もたくさんあります。

その他、ちょっぴり変わり種ではありますが、案外穴場ともいえる観光スポットが「オヤケアカハチの碑」です。

果たしてこの碑は、いったいなんなのでしょうか?

その前に皆さんは、特撮番組としてあまりにも有名な「ウルトラマン」をご存知ですよね?

あのウルトラマンに登場する怪獣「レッドキング」は、実はこの「オヤケアカハチ」がその名前の由来であるといわれているのです。

脚本を担当した、金城哲夫は沖縄県出身でした。彼は、地球人と宇宙人との板ばさみに悩むウルトラマンが、沖縄の立場に似ていると考えたのだそうです。

その「オヤケアカハチ」は、漢字では、「遠弥計赤蜂」または「於屋計赤蜂」と書きます。

彼は、現在の石垣市大浜である八重山諸島石垣島の大浜村をその根拠地とした豪族でした。15世紀末に活躍し、別名「ホンガワラ」ともいわれます。

漢字では、「保武川」「堀川原」あるいは「保武瓦」と書きます。

オヤケアカハチは波照間島で生まれました。幼少の頃から豪傑で有名だったそうです。その後、海を渡り、石垣島へ行きました。

そして石垣島の大浜村に居を構えたのです。そして石垣島内の有力豪族として勢力範囲を拡大しました。

石垣村の豪族の妹を妻にし、その一族と義兄弟の契りを交わしたといいます。しかし、宮古諸島の仲宗根豊見親とは対立し、それが原因で首里の尚真王が介入することになりました。

これが首里王府に反旗を翻した、ということで戦いへと発展しました。この乱は、オヤケアカハチの乱と呼ばれます。

彼はこの戦いで、尚真王が派遣した征討軍3,000人に敗北したのです。そして討ち取られたといいます。

石垣島には「フルスト原遺跡」というオヤケアカハチの居城跡といわれている跡が残っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999111