モスラ2

石垣島は映画の舞台にもなっています。
代表的なものが、『モスラ2 海底の大決戦』です。

この映画は1997年12月13日に公開されました。平成モスラシリーズの第2弾です。東宝映画による製作、配給も東宝です。

上映時間は100分で、三好邦夫監督により特技監督として川北紘一が関わりました。出演は、小林恵、山口紗弥加、羽野晶紀、満島ひかり、島田正直、大竹雅樹、奥野敦士、おかやまはじめ、紺野美沙子、細川ふみえ、佐藤正宏、野波麻帆などです。

どんなストーリーかというと、ある日「沖縄の海に奇怪な生物が現れた」ということで話が始まります。

それは、オニヒトデを想像されるような生物でした。毒液で漁師を負傷させ、あっというまに日本全域に広がったのです。この生物の発生ダガーラという怪獣の復活の前兆でした。

ダガーラというのは、伝説のニライカナイの古代文明が環境汚染を解決するために、生体浄化システムとして生み出したものです。しかし暴走し、結果的にニライカナイを滅亡へといたらせる一因となったのです。

そしてエリアス姉妹が地球の危機を察知して向かった先が石垣島でした。

彼女たちが向かった石垣島では、ニライカナイから来た小生物ゴーゴが出没していました。本土からは、そのゴーゴの尾の装飾リングから宝がある事を悟った密猟者が来ていました。
ゴーゴを保護した地元の少女たちもいました。

石垣島に向かったエリアス姉妹は地元の少女たちと組み、一方、姉妹と対立する黒い妖精ベルベラと密猟者が組んでそれぞれ海へ出たのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999112