川平湾

あなたが石垣島を訪れるのなら是非、川平湾に行ってみてください。

早い潮の流れのなかで、すばらしい景勝を楽しむことができます。

川平湾は沖縄県石垣市にあり、石垣島の北西部にあたります。

「川平湾及び於茂登岳」として、1997年の9月に国の名勝に指定されました。於茂登岳は「おもとだけ」と読みます。一方、川平湾は「かびらわん」と読みます。

川平湾の湾内の海は、石垣島きっての景勝地とされます。光の加減さらに潮の満ち引きによって、その色は刻々と変わります。

湾のなかには小さな島が点在しています。湾口をふさぐように横たわっているのが「小島」です。

「くじま」と読みます。また、真謝離やサイ離などの島もあります。
前者は、「まじゃぱなり」、後者は「さいぱなり」と読みます。

沖縄では、このようにひとつひとつの固有名詞の読み方が実にユニークです。川平湾の海中には、数多くの造礁サンゴが群落を成しています。

潮の流れが強いことから、残念ながら、湾内での遊泳は禁止されています。しかし、湾内のサンゴ礁は、観光用のグラスボートから鑑賞できますから、是非、楽しんでみてください。

また、お土産に最適なのが黒真珠です。川平湾は黒真珠の養殖で有名なのです。

真珠、特に「本真珠」という場合、鮑玉を指すのが本来です。つまり、アワビの内部に形成される真珠のことです。

しかし、現在は鮑玉のほかにも、アコヤガイの真珠も本真珠と呼びます。また本真珠以外にもさまざまな真珠があります。それぞれ貝の種類によります。

川平湾で有名な黒真珠は「黒蝶真珠」とも呼ばれます。クロチョウガイつまり「黒蝶貝」から産出される真珠です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999117