於茂登岳

沖縄県の名勝として指定されているなかに、於茂登岳があります。石垣島に位置します。

沖縄県石垣市にあり、石垣島の北西部にあたります。
「川平湾及び於茂登岳」として、1997年の9月に国の名勝に指定されました。

於茂登岳は「おもとだけ」と読みます。こちらは、沖縄県石垣市にある山です。地元では「ウムトゥダギ」と呼ぶこともあります。

於茂登岳は、古くから霊山とされてきました。地元の信仰の中心的存在だったのです。

山名の「ウムトゥ」の意味は「島の大本」ということだといわれています。於茂登の神は「ウムトゥテラシィ」で、この神への通し願いが島内の多くの御嶽で行われます。

石垣島のマングローブの林でも有名な名蔵村の御嶽は、オモト岳の神の拝礼所とされています。首里の弁ヶ岳、於茂登岳、久米島の三神は合わせて姉妹の神々とされています。

この二番目の神、於茂登岳の神は、もともと妹と一緒に久米島を居所としたといわれています。

しかし自分の山が妹のいる山より低かったので不服を感じたのでしょう。八重山に移って於茂登岳に垂迹しました。そしてこの島の守護神になったそうです。

さらに、弘治13年(1500年)には、オヤケアカハチの乱がありました。このとき久米島の神女は琉球王国の軍に帯同しました。そして於茂登岳の神を説得したといいます。

於茂登岳は、信仰の山としても広く謡われてきました。

石垣島を訪れたのなら是非、この神々しい山を望みながら神話の世界に浸ってみてください。ご利益があるかもしれませんよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999119