戦争マラリア

沖縄県の八重山諸島では、古くからマラリアが発生する地が幾つかありました。

戦争マラリアというのは、第二次世界大戦時に沖縄に強制疎開させられた一般住民がマラリアに罹患したことを言います。

このために多数が死亡したのです。石垣島同様、八重山諸島にある波照間島では、集団罹患が発生したことが知られています。

波照間島は沖縄県の八重山諸島にあり、日本最南端の有人島です。位置としては、北緯24度2分25秒、東経123度47分16秒です。面積は12.7km2、標高は59.5mで、人口は600人弱という本当に小さな島です。

沖縄の八重山諸島では、古くからマラリアの発生する地域がいくつか知られていました。

歴史的にも琉球王国時代から、これらの地域に強制移住が行われるたびに全員が亡くなってしまう、ということが繰り返されてきました。

特にそれで有名だったのが石垣島の北側、裏石垣と西表島です。ただし現在ではマラリアは一掃されています。

それでも第二次世界大戦時には、まだまだ発生する地域が多くあり被害も防げなかったのでしょう。

第二次世界大戦時には、沖縄本島周辺で激しい戦闘が行われました。八重山諸島では上陸作戦は行われませんでしたが、空襲や艦砲射撃による攻撃は避けられませんでした。

そのため、一部の地域で住民の疎開が行われました。そのとき疎開が行われたのがマラリアの発生する地域だったのです。

そのため多くの人がマラリアに罹患しました。多くの死者も出すことになってしまったのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999123