ダイビング

八重山諸島の中心的な島として石垣島は、日本の島旅の代表的な場所です。

周りをすばらしい海に囲まれていることから、日本でも屈指のダイビングポイントです。気候も良いことから1年を通して多くのダイバーが訪れる人気のスポットです。

ダイビングエリアは大きくわけて3つです。市街エリアと川平エリア、そして北部エリアです。

市街エリアは地元のダイバーたちにも人気です。石垣島の繁華街にあるダイビングショップ関係者などが、日常的に潜っているともいわれます。

具体的には竹富島周辺や大崎地区周辺などが人気です。アフターダイビングも楽しみたいという欲張りさん?向けといえるかもしれませんね。

一方、川平エリアは「川平石崎マンタスクランブル」があることで有名です。ここではマンタが春から秋にかけて見られるのです。

しかも高い確率で見られることから、日本中からダイバーが殺到します。マンタがゆっくりと泳いでいくさまは、息を呑みます。

日頃は西表島や小浜島を中心に潜っているダイバーたちも、春から秋にかけたこの時期には、マンタを求めてわざわざ潜りに来るほどといわれます。

もうひとつ北部エリアは穴場です。潜る人が少なくあまり荒らされていません。静かに海中の魅力を堪能したい人にお勧めです。

さらに近年は洞窟潜水を楽しむ人も増えています。洞窟潜水というのは、専門的な潜水装備をつけて洞窟、および泉、地底湖で潜水することを言います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999125