白保サンゴ礁

石垣島の自然の美しさでは定評があり、日本各地から冬の寒さを逃れた人たちが訪れます。

中でもサンゴ礁は素晴らしいものです。たとえば白保サンゴ礁は、沖縄県石垣島東部にある石垣市白保地区の海岸に沿って続いています。
南北約10kmで、最大幅約1kmにわたって広がる裾礁です。

この白保サンゴ礁には、世界有数の規模を誇ると共に北半球全体をみても最大と言われる、アオサンゴの大群落が広がっています。

その他にもハマサンゴの巨大な群落、マイクロアトール、ユビエダハマサンゴの群落が分布しています。そして30属70種以上の造礁サンゴの生息地といわれる、貴重な環境です。

現在、沖縄の多くのサンゴ礁はオニヒトデが原因による食害や赤土流出によって消失が危惧されています。

その中で白保サンゴ礁は、オニヒトデによる食害を免れています。良好な生態系を残している数少ないサンゴ礁とさえいわれているのです。

2007年8月1日に石垣島は西表国立公園に一部が編入されました。そうして西表石垣国立公園となったこのサンゴ礁の白保地区は海中公園地区に指定されました。

一方、石垣島には新空港を造ろうという計画が立案されたことがありました。しかしこの計画に対しては新空港の環境への影響が懸念されています。

1979年に計画が発表されたのが、その「新石垣空港」です。当初は白保地区の沖合に海上空港として建設される予定でした。

これは「白保海上案」です。しかし白保サンゴ礁の重要性が認識されてきたことから、反対運動が高まりました。そのため1989年にはこの案は撤回されることになったのです。

その後、白保地区北部のカラ岳付近に空港を建設する案が出されました。

これが「カラ岳陸上案」です。最終的にはこれで決着し、新空港の着工が始まったのは2006年10月です。2012年度末には開港が予定されています。

tag:白保サンゴ礁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999126