マングローブ

石垣島のほとんど唯一ともいえる大きな川である宮良川の河口には、マングローブが広がっています。

石垣島のこのマングローブは、国内最大の面積をもつといわれています。また西部の名蔵アンパルは、2005年にラムサール条約に基づいて登録されました。

保護すべき貴重な湿地として世界的にも認められているのです。

そもそもマングローブというのは、どのようなものなのでしょうか?

マングローブというのは、熱帯から亜熱帯地方の河口汽水域にある塩性湿地に生育する森林です。

マングローブは別名「紅樹林」または「海漂林」と言われることもあります。マングローブという場合、その用語は「森林全体」をさす場合と、森林を構成するそれぞれの「種」を表す場合があります。

混乱を招くことがあることから「森林全体」をさす場合を「マングローブ(林)」といいます。一方、個々の種を表す場合は、「マングローブ植物」とされ、使い分けがなされるのが一般的です。

森林全体を指す場合を「マンガル」といい、種をさす場合には「マングローブ」として区別することもあります。

マングローブは、東南アジア、インド沿岸、南太平洋、オーストラリア、アフリカ、アメリカなどに分布しています。

日本においては、石垣島を含む沖縄県、および鹿児島県に分布します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10999128