石垣島に移住

豊かな自然環境やゆったりとした石垣島の魅力に引かれ、石垣島への移住を考えている人もいらっしゃるかもしれません。

実際に石垣島に移住するという場合、どのような問題や準備が必要となるのでしょうか?

実際、石垣島に住むようになるからといって、費用がよけいにかかるということはほとんどないようです。

むしろ生活費は都会と比べると必要ないかもしれません。たとえば、持家は2,000万円ほどで郊外の100坪ほどの土地で十分にゆとりのある生活をできます。

家自体は小さいかもしれませんが、庭や周囲の自然が豊かですから、精神的にはずっと豊かな生活といえるでしょう。

行楽費用は、あくまで自然中心の楽しみを求めるのであれば、ほとんど費用らしい費用は必要ないでしょう。

公園も立派で設備が整っています。人口が少ないから何をするにもゆったりです。

サンゴ礁の海、バンナ公園など、車さえあればさほど時間がなくても、観光地にもなりそうなスポットへ行くことができますし、空いたなかで楽しめます。ガソリン代や時間、経費、いずれもさほどかかりません。

ただし、あくまで自分で出向いて決めることは大切です。電話やファックスだけのやりとりでは、実際に移住したときに思わぬ不便を強いられることがあります。環境や学校、交通事情などはきちんと確認しておくべきです。

ひとつ注意しておくべきことは、車が錆びやすいということです。海が近いから仕方ありません。特に車体の下部は錆止め塗装が欠かせないでしょう。中古車がいいのでは・・・と思います。

白保サンゴ礁

石垣島の自然の美しさでは定評があり、日本各地から冬の寒さを逃れた人たちが訪れます。

中でもサンゴ礁は素晴らしいものです。たとえば白保サンゴ礁は、沖縄県石垣島東部にある石垣市白保地区の海岸に沿って続いています。
南北約10kmで、最大幅約1kmにわたって広がる裾礁です。

この白保サンゴ礁には、世界有数の規模を誇ると共に北半球全体をみても最大と言われる、アオサンゴの大群落が広がっています。

その他にもハマサンゴの巨大な群落、マイクロアトール、ユビエダハマサンゴの群落が分布しています。そして30属70種以上の造礁サンゴの生息地といわれる、貴重な環境です。

現在、沖縄の多くのサンゴ礁はオニヒトデが原因による食害や赤土流出によって消失が危惧されています。

その中で白保サンゴ礁は、オニヒトデによる食害を免れています。良好な生態系を残している数少ないサンゴ礁とさえいわれているのです。

2007年8月1日に石垣島は西表国立公園に一部が編入されました。そうして西表石垣国立公園となったこのサンゴ礁の白保地区は海中公園地区に指定されました。

一方、石垣島には新空港を造ろうという計画が立案されたことがありました。しかしこの計画に対しては新空港の環境への影響が懸念されています。

1979年に計画が発表されたのが、その「新石垣空港」です。当初は白保地区の沖合に海上空港として建設される予定でした。

これは「白保海上案」です。しかし白保サンゴ礁の重要性が認識されてきたことから、反対運動が高まりました。そのため1989年にはこの案は撤回されることになったのです。

その後、白保地区北部のカラ岳付近に空港を建設する案が出されました。

これが「カラ岳陸上案」です。最終的にはこれで決着し、新空港の着工が始まったのは2006年10月です。2012年度末には開港が予定されています。

tag:白保サンゴ礁

サンゴ礁

美しい海で評判の石垣島の南側には、素晴らしいサンゴ礁が広がっています。

でも、サンゴ礁というのはいったいなんなのか?

改めて問われて、はっきりと答えられる人は少ないようです。

サンゴ礁というのは、造礁サンゴの群落によって作られたもので地形の一つの種類です。発達するのは、熱帯の外洋に面した海岸であるといわれています。

日本ではどこでサンゴ礁を見ることができるか、というと、南西諸島や伊豆諸島、小笠原諸島など南部の島嶼部です。

ただしサンゴ礁は水温18℃ほどまでなら形成されることがあります。そのため日本本土でも小規模なものならばサンゴ礁をみることができます。

たとえば対馬海峡以南と房総半島以南では、小規模ながらもサンゴ礁が存在します。これらの小さなサンゴ礁も含め、大切にしたい環境ですね。

では、そのような環境が礁サンゴの繁殖に適しているのでしょうか?

25〜30℃ほどの高水温で3〜4%ほどの高い塩分濃度が必要です。また浅いほうがよく、深くても水深30mほどの透明度の高い海域であることが必要でしょう。

世界的には、太平洋、インド洋、大西洋など、いずれも西側にサンゴ礁が集中しています。東側にはあまり見られません。

大規模なサンゴ礁でも河口域にはあまり見られません。これは地球の自転に関係しているといわれます。

造礁サンゴは数百種類あります。ミドリイシ、ノウサンゴ、キクメイシなどです。

これらは直径1cm足らずのイソギンチャクのような小さなポリプがたくさん集まって群体をなしたものです。

実際サンゴは様々な形をしていますが、これらはたくさんのポリプがそれぞれの種類によって独自にその骨格を形成してできています。

日本のマングローブ

マングローブは環境のバロメーターともいえます。年々、環境破壊が進む中で今こそ、積極的な保護の活動が求められています。

日本では、どこでマングローブをみることがきるでしょうか?

北限は九州南端の鹿児島県喜入町です。ここにあるメヒルギ群落がマングローブの北限といわれます。

これは特別天然記念物にも指定されています。しかしこれについては、移植されたとの説もあることから、自然の分布としては種子島が北限ともいわれています。

それよりも北となると、よく似た景観としてはハマボウの群落が時に似ているといえないこともありませんが、これほとんど広がりをもっていません。

伊豆半島ではメヒルギが植樹されて定着しています。ここが定着としては北限といえるかもしれません。

石垣島も含めた沖縄ではどうでしょうか?

沖縄本島では4種類、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギモドキの生育が認められています。

ただし、ヒルギモドキは島北部の億首川の河口でしか見ることはできません。ヤエヤマヒルギとヒルギモドキは沖縄島が北限とされています。

その他には、島北部の慶佐次、南部の漫湖等でもマングローブ林を見ることができます。

石垣島ではどうでしょうか?石垣島では、6種類のマングローブの種が発達しています。

オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシ、ヒルギモドキ、マヤプシキです。

このうちマヤプシキは石垣島が北限といわれます。石垣島の島内では宮良川河口のマングローブが最も広大で日本最大とも言われています。国指定天然記念物となっています。

tag:

マングローブ

石垣島のほとんど唯一ともいえる大きな川である宮良川の河口には、マングローブが広がっています。

石垣島のこのマングローブは、国内最大の面積をもつといわれています。また西部の名蔵アンパルは、2005年にラムサール条約に基づいて登録されました。

保護すべき貴重な湿地として世界的にも認められているのです。

そもそもマングローブというのは、どのようなものなのでしょうか?

マングローブというのは、熱帯から亜熱帯地方の河口汽水域にある塩性湿地に生育する森林です。

マングローブは別名「紅樹林」または「海漂林」と言われることもあります。マングローブという場合、その用語は「森林全体」をさす場合と、森林を構成するそれぞれの「種」を表す場合があります。

混乱を招くことがあることから「森林全体」をさす場合を「マングローブ(林)」といいます。一方、個々の種を表す場合は、「マングローブ植物」とされ、使い分けがなされるのが一般的です。

森林全体を指す場合を「マンガル」といい、種をさす場合には「マングローブ」として区別することもあります。

マングローブは、東南アジア、インド沿岸、南太平洋、オーストラリア、アフリカ、アメリカなどに分布しています。

日本においては、石垣島を含む沖縄県、および鹿児島県に分布します。

農業と畜産業

石垣島の北側は山ですが、南側は平野が広がり農業や畜産業が盛んです。

石垣島での農業は、サトウキビ16億円、葉タバコ10億円、米4億円、パイン3億円などが生産高からみた様子です。しかし、牛、特に黒毛和牛の取引高は40億円以上もあるから驚きです。

石垣島では、2.5万頭〜3万頭の牛が飼育されているのですが、石垣島で飼育されるのは子牛の頃だけで、8ヶ月になるとほとんどが全国各地へ出荷されていきます。

したがって、石垣島で飼育されているのは、ほとんどが子牛を生むための雌牛であり、食肉用ではありません。

私たちが松坂牛、神戸牛、などといって食べている牛たちのなかには、子牛の時代は石垣島で育っていた牛もいるかもしれないということです。

現在、石垣島では、石垣島ブランドの牛として売り出すことが計画されています。

石垣島を訪れると、おいしいステーキのお店がたくさんあります。目の前で焼いてくれるお肉のおいしいこと!是非、立ち寄ってみてください。

農業はサトウキビが有名です。サトウキビは茎の部分を20cmほどの長さに切って、畑に植え付けていきます。すると芽が出て成長し、茎の部分が伸びてくるのですが、冬になるとススキのような白い花穂が出てきます。

こうなると、成長を止め糖度が高まり、そろそろ収穫となります。例年、12月中旬〜4月が収穫期となり、農家は忙しくなります。

その他、葉タバコの生産も盛んです。葉タバコは、いろいろなタバコのブランド、たとえばセブンスターといったブランドの材料となります。

石垣島の気候

さて石垣島の天候は?

日本本土と比べればもちろん断然温かいことは確かですが、やはり1月には寒くなります。

残念ながら石垣島といえども、年中泳げるというわけにはいかないのです。

1月から2月にかけては、石垣島でも寒い日が続きます。石垣島でコタツで温まる生活はちょっと、想像しがたい気がします。

しかし、地球の温暖化の影響でしょうか、最近では最低気温が13度以下になることは珍しいようです。

3月、4月は、天気の良い日は長袖では暑いくらいになります。季節風の影響から、海は荒れます。天気も不安定で曇りがちです。

晴れた日には、初夏のように暑くなるので、少々我慢すれば海にもそろそろ入れるようになるのもこの季節です。ただし、海の水温はまだ23度ほどなので、泳ぐのはもうちょっと待った方がいかもしれません。

5月、6月のゴールデンウィークは、晴れればもう夏のようです。海も暖かくなりますから、本格的な水泳シーズンももうそろそろです。

ゴールデンウィーク明けから梅雨が始まります。6月中旬までは大量の雨が降ります。実際その降り方は想像以上です。

1時間ほど大粒の土砂降りの雨となり、また晴れ間が見えてくるという感じです。本格的な夏空は、6月下旬からです。

7月は、前半は天気も安定します。台風も少ないです。日中は酷暑となりますが、夕方から過ごしやすくなります。

8月は、気温はさほどではありませんが、太陽の直射は強烈なので、まさに酷暑です。日中はゆっくりと昼寝を楽しみ、夜涼しくなってから活動開始です。大きい台風は、8月後半から9月にかけて多くなります。

9月は後半には朝夕冷え込みますので、体調管理が大切です。肌寒く感じられる日もあります。

10月は、台風さえこなければ海も安定し、天気も比較的過ごしやすいです。

11月になると、北風が吹いてきます。まだ泳ぐことも不可能ではありませんが、もうほとんど人影がまばらになります。11月になると徐々に冬型の気候が多くなり、長袖が必要となります。

石垣島の地勢

石垣島は八重山諸島に属します。

北緯24度20分4秒、東経124度9分22秒です。
面積は222.64平方キロメートルの小さな島ですが、それでも石垣島が属する沖縄県のなかでは、沖縄本島が1番、2番目は西表島、そしてその次という3番目の大きさを誇ります。

東シナ海に所在する石垣島ですが、その島はどのような形をしているのでしょうか?

石垣島を上空から見下ろすと、ほぼ正方形に近い形をしています。

北東部には細長く平久保半島が突き出たかっこうをしています。島の中央からやや北にかけて標高526mの於茂登岳が広がっています。

意外に思われるかもしれませんが、これは沖縄県の最高峰です。この山を含み、これよりも北へ向かっていくと山がちとなっています。

海というイメージが強い石垣島ですが、このあたりは少々イメージしているものとはことなる景観が広がります。

一方、南部に回るとまた違う石垣島の魅力に出会えます。南部には隆起サンゴ礁の平地が多く広がっているのです。

人口も南部側に集中しています。南部へは宮良川が広がっていますが、その他にはあまり大きな川はありません。

沖縄、特に石垣島では、普段なかなか目にできないすばらしいサンゴ礁を楽しんでください。

サンゴ礁というのは造礁サンゴの群落によって作られた地形の一つで、日本では南西諸島や伊豆諸島、小笠原諸島などで見ることができます。さらに小規模なものならば日本本土でも見ることができます。

石垣島の概要

寒い季節には、どうしても温かいところへ行きたくなりますよね。

沖縄は冬に人気の観光地のひとつです。最近では修学旅行でも沖縄へ行く学校が増えているようです。

その沖縄県の中でも、石垣島は沖縄本島の次に人気があります。沖縄まで行ったなら是非、石垣島まで足を伸ばしてみてはどうでしょう?

本島とは違った、離島ならではの魅力を楽しむことができるでしょう。

石垣島は沖縄県石垣市にある島です。石垣島は八重山諸島に含まれ、これらの諸島の政治・経済・教育・交通などの中心地となっています。

石垣島の面積は約222.6平方kmです。沖縄県内では3番目に広い島です。一番はもちろん沖縄本島です。

2番目は西表島、そしてその次の3番目に広い島が石垣島です。人口は約4万5千人ですから、本当にこぢんまりとした島といえるでしょう。

石垣島は沖縄県に属します。しかし沖縄県の県庁所在地である那覇市との距離は410km以上です。その距離はなんと、東京と大阪の間の距離に相当するというから驚きですよね。

逆に台湾とは270km程度しか離れていないのです。

名古屋や大阪からは沖縄本島を経由して、石垣島を通り台湾へといたる船のコースもあります。

もちろん飛行機で行ってしまえば本当に近いですが、たまにはのんびりと船で海を楽しむ旅を経験してみてもいいかもしれませんね。

石垣島は地理的には沖縄の那覇はもとより、その他の地域よりも台湾に近い場所に位置しているといえます。